相続税の見直しで支払った相続税に一部を取り戻す

ご存知? 相続税の還付金制度

2015年1月に相続税が改正されたことは、多くの方がご存知だと思います。しかし、相続税の還付については知らない方はいらっしゃるのではないでしょうか?

相続税の還付とは、その名の通り、支払った相続税が条件によって戻ってくるというものです。中でも、相続税計算における対象資産の中に不動産が含まれている場合、経験上還付される可能性が高いため、一度相続税の見直しをおすすめします。

 

相続税のことは相続税の専門家に

なぜ支払った相続税が戻ってくるのでしょうか?
実は相続税の申告をする際に、誤った申告をしてしまっているケースが意外と多いからなのです。主な要因のひとつに、相続税に不慣れな税理士などに依頼していることが挙げられます。

医師が内科や外科などの専門に分かれているように、税理士にも得意な分野と不得意な分野があるそうです。中でも相続税はそもそも案件が多くないため、そのノウハウや経験を税理士も積みにくいとされています。

特に差がでてきるとされているのが「土地評価」です。相続税の計算では、財産の評価額に対して税金がかかるため、評価減が不十分な場合相続税を多く支払うことになります。相続税計算時の対象資産の中に不動産が含まれている場合に還付される可能性が高いのはこのためです。

たとえば、正方形のように形が整っていない土地の場合、不整形補正として評価減でき、賃宅地は借地権割合を控除できる場合があります。しかし、このようなノウハウがない税理士の場合、見落とされてします場合があります。結果、相続税を多く支払うことになります。

 

成功報酬型 相続税還付金コンサルティングとは

すでに相続税を支払った方を対象に、相続税還付の可否のコンサルティングサービスを提供します。相談内容に応じて、相続税の見直しを行い、還付の可否を調査・報告します。還付が受けられる可能性がある場合には、還付請求代行も同時にサポートします。成功報酬型ですので、相続税の還付がされなかった場合は、コンサルティング料をいただきません。

 

お問い合わせ

すでに相続税を支払った方でも、還付される可能性があります。特に、納めてから5年10ヶ月以内の場合、さらに申告時の相続人全員の合計納税額が1000万円以上あり、相続税計算時の対象資産の中に不動産が含まれている場合は、還付される可能性が高いです。還付される可能税が低くそうに見えても、まずは一度ご相談ください。

お問い合わせはこちら

関連記事