相次相続控除

相続税の軽減特例のなかでもやや特別な場合に該当するのが、相次相続控除です。これは相続人が取得した遺産のなかに、相続開始前10年以内に相続税が課税されていたものが含まれている場合について、本来支払うはずの相続税額から一定の金額を控除するものです。

これが該当するケースとしては、本人(被相続人)から見た祖父が亡くなったために父がいったん遺産を取得し、その後に相次いで父も亡くなったために本人がさらに遺産を取得したものの、その間隔が10年以内の場合などが考えられます。このように短期間で相続税が何度も課税されてしまうと、特定の世帯だけに税負担が過重になり不公平なことから、相次相続控除の制度が設けられました。

この制度では、前回の相続において課税された相続税額のなかから、1年につき10パーセントの割合をもって逓減した後の金額を、今回分の税額から控除することになります。なお以前の相続から今回の相続までの期間が1年に満たない場合は、税額の計算上は切り捨てとなります。