一部には富裕層顧客との意見のズレも。なぜファミリーオフィスは手数料の調整を推し進めているのか

ファミリーオフィスの専門家Richard C. Wilson氏が、ヘッジファンドマネージャーと投資会社の手数料の調整について話しています。彼は、ファミリーオフィスや他の投資家がファンドマネージャーや投資パートナーと、より良く手数料の調整ができることに期待しています。

現在、多くのヘッジファンドとプライベートエクイティファンドが管理費を必要としていますが、管理報酬およびその他の非業績関連費用の2%以上を上回る手数料に関して、業績報酬や少なくとも管理手数料に対するパフォーマンス・フィーに対する歪みが大きくなっていることで、現在どのような料金体系の変更が進行中であるかについて理解が深まります。ぜひご覧ください。

©Family Office

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層ファミリーオフィスの動向や資産保全など、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. UBS、新しい富裕層ファミリーオフィスビジネス市場としてアジアに注目

  2. ファミリーオフィスからの資金調達

  3. 米国西海岸で続くイノベーションは新しい富裕層を生み出す起爆装置か?

  4. 大注目の カナダランドバンキング

  5. 独自のスマートコントラクトを実装した、金融プラットフォーム「Veritaseum」で変わる欧米圏富裕層の金融ライフスタイル

  6. 富裕層をファミリーで囲い込め。UBSのミレニアル富裕層向け塾とは?