米国西海岸で続くイノベーションは新しい富裕層を生み出す起爆装置か?

©Family Office
アジアの顧客が、スイスの超高額所得者個人とは違う好みや考え方を持っているというのは当然のことで、異なる国々の違いについて検討することはよくあることだ。国ごとの税処理や、投資目的、プライバシーに関する懸念、およびその他の要因は、平均的な超富裕層のクライアントおよびその国または地域のファミリーオフィス業界の成熟度に基づいて、地域によって異なる場合があり、まして州ごとに法律が異なる米国では、頻繁に地域ごとに比較することはしない事が多い。

しかし、ウェルスマネジメントに興味深い記事があり、西海岸はファミリーオフィスのイノベーションのハブであると主張している。
これは、その国の地域で作られている莫大な富、もちろん多くのカリフォルニア人、とりわけベイエリアの新しく育てられた億万長者と億万長者に埋め込まれた技術に起因している。

地理的な観点から見ると、西海岸は米国では膨大な量の富の創造の副産物として、革新の最前線に位置している。歴史的に、ファミリーオフィス事務所は、超高額所得者の特定のニーズを反映するように構成されていた。米国における税制度の複雑さと、財産を保護するための限られた能力(連邦政府の財産​​税システム)では、税金、法律、または両方の学位を持つ人材を採用してきた。これらのコミュニケーションを多く図ることで西海岸の顧客を得てきたことが革新の最前線となっているのだ。

参照:Family Office

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層ファミリーオフィスの動向や資産保全など、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 一部には富裕層顧客との意見のズレも。なぜファミリーオフィスは手数料の調整を推し進めているのか

  2. ファミリーオフィスとプライベートバンクと違い

  3. 再保険会社設立で海外進出と事業承継を同時に!

  4. 大注目の カナダランドバンキング

  5. ファミリーオフィスからの資金調達

  6. 富裕層をファミリーで囲い込め。UBSのミレニアル富裕層向け塾とは?