独自のスマートコントラクトを実装した、金融プラットフォーム「Veritaseum」で変わる欧米圏富裕層の金融ライフスタイル

ファミリーオフィス、機関投資家などからなる共同利用型コミュニティ「Family Office Insights」が、ブロックチェーン技術や分散コンピューティング等を使用して、高い経済的賃料、不当な摩擦、総体的な非効率性に苦しむ業種やエンティティを支援するVeritaseum(創業者兼CEO:レジー・ミドルトン)と提携し、ピアツーピアの資本市場を促進する特注のカスタムリサーチとソフトウェアを開発するFinTechの会社について議論を進めている。

一般的に金融商品等の取引には証券会社等の仲介が必要だが、Veritaseumを利用した新しいプラットフォームは、利用者に証券会社のような信頼できる仲介者がいなくても、ほとんどのものを個人間で交換することを可能にするものだ。

このような技術が発達することによって、富裕層は自ら取引をすることが容易になるため、これまでのファミリーオフィス、特に金融関連部門のあり方が大きく変わる可能性もある。

欧米に比べて日本ではファミリーオフィスが普及しているとは言えない状況だが、今後日本でもこのような技術がもたらされる、あるいは同様の技術が開発されることによって、個人間取引が活発になる日がくるかもしれない。

 

当社では、ファミリーオフィスに限らず、銀行のプライベートバンク部門などからの富裕層ビジネスに関するご相談を随時受け付けています。まずは下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る