ファミリーオフィスとプライベートバンクと違い

ファミリーオフィスと聞くと、プライベートバンクを思い浮かべる方もいるかもしれません。

プライベートバンクとは、富裕層のファミリーが自分たちの資産を管理するために銀行を作ったのが始まりです。それが、次第に親しくしている友人の家族などが集まって、パートナーシップを組むようになりました。
一般の銀行との違いは、対象が自分たちファミリーのことだけという点です。そのため、ファミリーのための財産管理チームであるファミリーオフィスとは近い発想から生まれたものだと言えます。

今では、メガバンクによるプライベートバンクサービスなど、本来の意味におけるプライベートバンクとその他の様々なサービスの違いが分かりにくくなってきています。
このため、スイスでは本来のプライベートバンクを指す場合に「ファミリーオフィス」という言葉を使うようになったのです。

ただ、ファミリーオフィス=プライベートバンクというわけではありません。
ファミリーオフィスの役割は、単に資産管理だけにとどまらず、リスクマネジメントやヘルスケアなど、ファミリーに関するあらゆる問題解決支援を行うからです。

関連記事

  1. ファミリーオフィスの約80%が株式への直接投資担当者を保有

  2. 独自のスマートコントラクトを実装した、金融プラットフォーム「Veritaseum」で変わる欧米圏富裕層の金融ライフスタイル

  3. 再保険会社設立で海外進出と事業承継を同時に!

  4. 大注目の カナダランドバンキング

  5. UBS、新しい富裕層ファミリーオフィスビジネス市場としてアジアに注目

  6. Business Succession