アセアン・ランドバンキング ~日本から海外へ、資産分散の第一歩~

注目が集まる東西スーパーハイウェイ地域

1980年代から発展が続くタイの土地を使ったランドバンキング。
2015年のASEAN統合を控え、開発が進むミャンマーの港や工業団地へ続く地域の土地は以前より地価が上昇し続けている。
タイのSRCSインターナショナルでは、(東西回廊)スーパーハイウェイの建設で注目されているカンチャナブリ地域のランドバンキング商品を提供している。
現地とのコネクションで市場価格より安く提供できるのが特徴だ。
タイでは外国人が土地を購入できないため、このようなサービスに注目が集まっている。

関連記事

  1. M&A

  2. UBS、新しい富裕層ファミリーオフィスビジネス市場としてアジアに注目

  3. 独自のスマートコントラクトを実装した、金融プラットフォーム「Veritaseum」で変わる欧米圏富裕層の金融ライフスタイル

  4. ファミリーオフィスとプライベートバンクと違い

  5. Inheritance Tax

  6. Business Succession