銀行買収か銀行設立か

事業をおこなっていく上で銀行は重要なビジネスパートナーのひとつです。通常は日本国内の主要な銀行(メガバンク)と取引しているケースが多いと思います。しかし、特に海外進出を考えている場合、海外に自身の銀行を設立したほうがメリットが多いケースもあります。たとえば、海外に銀行を設立すると、日本の出資法(法定金利)に関係なくお金を貸すことができます。もちろん自社の資金繰りに充てることも可能です。

銀行設立と言っても、必ずしも一から手続きを進める必要はありません。たとえば、海外の銀行を買収することで、スピーディーに自身の銀行を持つことができます。実際、楽天銀行のようにイーバンクの買収によって設立した銀行もあります。

銀行設立についてより詳しく知りたい方は、下記もご参照ください。

ウェブサイトはこちら

銀行設立に関するお問い合わせやご相談は、下記お問い合わせページよりお願いいたします。

お問い合わせ・ご相談はこちら

関連記事

  1. プレミアムファイナンス

  2. UBS、新しい富裕層ファミリーオフィスビジネス市場としてアジアに注目

  3. ファミリーオフィスの約80%が株式への直接投資担当者を保有

  4. ファミリーオフィスからの資金調達

  5. Inheritance Tax

  6. 欧米富裕層のマネージャー、ファミリーオフィスクラブって何?