• 書面添付

本来、税務調査というのは、納税者の自宅に調査官が訪問し、納税者に対して質問し調査するものだ。

だが、相続税の申告の際に税理士が作成した書類の添付が許されている書面添付をすると、税務調査が入りにくくなるといわれている。書類が添付されたことで、不審な点があれば調査員は税理士に質問し、不明瞭なことがなければ納税者のもとに税務調査が入らないというものだ。

税理士に書面添付依頼をするだけの話なので特に相続税のような税額根拠が複数ある可能性が高いような納税の際には使っておきたい国民の権利である。