• 解約返戻金とは
  • HOME
  • 解約返戻金とは

解約返戻金とは

解約返戻金とは、保険の契約を解約したり、保険会社から契約を解除されたりした場合などに、保険の契約者に払い戻されるお金のことです。当然ながら、保険契約がなくなるため、保障もなくまります。
また、契約の解約または解除時期などによって解約返戻金の金額は異なり、場合によっては全額戻ってこないこともあります。一般的に、契約年数が長いほど返戻率が上昇します。

 

解約返戻金の種類と特徴

生命保険の解約返戻金の種類は下記の3つです。

1. 低解約返戻金型
・解約返戻金の返戻率を払込保険料の累計額の70%程の低い水準に設定。
・保険期間中の解約返戻金が少ない。
・保険料の払い込みが終了した時点で解約返戻金が大きく増える。

2. 従来型
・低解約返戻金期間を設けていないため、払い込む保険料とともに解約返戻金が増加。
・保険料を払い込みが終わる頃には支払った保険料と解約返戻金が同程度になる。
・保険料払い込み終了時に解約返戻金は大きく増えない。

3. 無解約返戻金型
・定期保険や医療保険などに多くみられる。
・解約返戻金はゼロ、またはごくわずか。
・解約返戻金をなくすことで保険料を割安にできる。